chiha log

韓国語をメインに、その他興味のあることを書いていこうと思います!

日本文化と韓国語を両方学べる一石二鳥の本

手元に残したテキストの中にこんな本があります。

日本の文化を韓国語で説明する本です。

 f:id:chi_haru:20190917210441j:plain

おそらく通訳案内士を目指す方や、すでにガイドなどをされている方向けの書籍かと思います。

 

そもそも日本人なのに日本の文化をいまいち知らないですよね?

 

慣習として行っていたり、存在は知っていたりするけど、本質はよく分かっていないことが多いと思います。

 

私も外国人の友達を京都の祇園祭に連れて行った時に、文化的な質問に困ったことがあります。

 

「このお祭りは何を目的としているの?」
「あの大きな車?の名前と意味は何?」
「浴衣と着物の違いは?」
「お祭りの時しかナイトマーケットは出ないの?」
「同じお祭りは全国でやっているの?」

 

友達の質問は止まりません。

 

分かります、私も外国に行ったら気になることだらけです。

 

でもこの質問に答えられる知識がありません。

日本人なのに。

 

かろうじて「浴衣は夏用」とだけ答えました。

それも合っているか分かりません。

 

今流行っている物の説明はできても、昔から続いている慣習の説明はできません。

日本人なのに。

 

 

以前に金沢旅行に行ったとき、一緒に観光することになったオランダ人の親子にも「舞子さんはどうしてあんなに顔を白く塗るの?」と聞かれました。

 

もちろん知りません。

日本人なのに。

 

インターネットで調べると「昔の日本家屋は明かりが少なく暗かったので、少ない明かりでも顔が分かるように」と書いてありました。

もちろん諸説あると思います。

 

これをカタコトの英語で伝えないといけない試練。

 

英語も話せないのに半日も一緒に観光できたのは、ひとえに私の人見知りをしない性格です。

ノリで間が持つタイプなので。

 

 

それはさておき、外国の方は日本人である私に何でも聞いてきます。

何でも知っていると思っているのでしょう。

私が逆の立場でもその国の人はその国のことを何でも知っていると思ってしまいます。

 

そうではないことを自分が一番よく知っているのに。

 

 

そこでこの本です!

韓国語で説明する日本の文化 ([テキスト])

韓国語で説明する日本の文化 ([テキスト])

 

 

 

内容は5章まであります。

第1章 日本の宗教と精神を韓国語で発信

第2章 日本の伝統文化を韓国語で発信

第3章 日本の「食」「住」「娯楽」を韓国語で発信

第4章 日本の「観光名所」「地理」を韓国語で発信

第5章 日本の「政治」「産業」を韓国語で発信

 

1章が一番知らない気がする。

これこそ慣習になっていて意識していない部分な気がする。

 

 

これを読めば、日本文化も韓国語もまとめて勉強できるような気がしてきました!