chiha log

韓国語をメインに、その他興味のあることを書いていこうと思います!

『殺人の追憶』の容疑者が特定された?

皆さん『殺人の追憶』という映画をご存じですか?

韓国史上最初の連続殺人事件である「華城連続殺人事件」をモチーフにした映画で、映画化されてはいますが、未解決でした。

 

このほど、この事件の犯人と思われる人物が見つかったとのことでニュースになっていました。

映画『殺人の追憶』

まずは映画の紹介をします。

 

基本情報

  • 原 題 살인의 추억
  • 監 督 ポン・ジュノ
  • 制作年 2003年
  • 出演者 ソン・ガンホ、キム・サンギョンなど

 

著名な監督と名優の作品ですね。

大鐘賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀男優賞と受賞しています。 

 

ちなみに事件をモチーフにはしていますが、あくまでもフィクションとのことです。

 

なんと2019年に日本で舞台化されるとのことですが、もう終わっていました。

それにしてもすごいタイミングですね。

www.watashiniainikite.com

 

ざっくりとした内容

農村地帯で女性の遺体が発見され、ソン・ガンホ演じる刑事がが捜査するが、進展せずその後も同様の手口の殺人事件が続けて発生する。

その殺人は雨の日に行われていたことを突き止める。

そして容疑者を逮捕するが犯人とは別人で、真犯人は結局見つからないまま迷宮入りとなる。

 

私の感想

この作品を見たのはずいぶん前ですが、暗い画面に雨の印象が強く残っています。

そしてとにかく残酷で救いがない、そんな印象です。

 

私は元々サスペンスが好きです。

その理由は解決した時にすっきりするからです。

 

この作品は、遺体が発見される度に少しずつ手がかりが見つかったり、推理が進むのですが、最後まで解決はしません。

 

でもなぜか心に残ります。

残るというよう消えません。

そして実話をベースにしていることを知った時、何とも言えない心持ちになるのです。

 

私の中で韓国ノワールといえばこの作品です。

フィルムノワールは知ってましたが、韓国ノワールというジャンルがあることを知ったのもこの作品です。

 

余談ですが、2つ目に思い浮かぶのはウォンビンの『アジョッシ』です。

 

鑑賞後にすっきり爽快なサスペンスではなく、どんよりと重いサスペンスですが、映画として楽しむことができました。

 

名作だと思うので、ご興味のある方はぜひご覧下さい。

殺人の追憶(字幕版)

殺人の追憶(字幕版)

 

 

「華城連続殺人事件」概要

これについて調べたのは初めてですが、ひどい事件ですね。

30年間も未解決となっていた事件です。

 

事件現場

現在の京畿道華城市周辺で起こった事件です。

ソウルから少し南に下がった所で、水原の近くです。

 

事件について

1986年9月に最初の遺体が発見され、それから1991年4月までの間に14歳から71歳の女性10名が殺害されたそうです。

遺体の状況は、書くに耐えられないので省きます。

唯一、逃げ延びることのできた生存者もいるそうです。

最後の事件から15年の2006年4月に時効が成立してしまったみたいです。

 

犯人像

当時の目撃証言、状況証拠による犯人像は下のとおりです。

 

  • 身長160~170cmで痩せ型
  • 靴のサイズ24.5cm
  • 年齢は25歳~27歳くらい
  • 血液型はB型

 

その他にもありますが、基本的な情報はこんな感じです。

 

過去には他の事件で逮捕された男性が真犯人では?ということで話題になったこともあるそうです。

 

容疑者と思われる人物が見つかる

日本でもニュースになっていました。

私もまさか今さら見つかるなんてと思いました。

 

韓国警察が発表した人物

この事件と同じような事件で無期懲役の判決を受け、釜山刑務所に服役中の50代の男性だそうです。

 

この男性は事件当時、華城に住んでいたとのことです。

さらにこの男性の本籍地周辺で事件が起きているようです。

 

服役中の男性は、1回目の聴取でも2回目の聴取でも否認しているようです。

今後、3回目の聴取があるそうです。

 

本名と写真付きで報道している記事もありますが、ここでは省きます。

朝鮮日報オンラインに記事が出ていたので、気になる方はそちらでご覧下さい。

 

特定理由

国立科学研究院での収監中の男性のDNAと事件現場で採取された容疑者のDNAを最新技術で鑑定をしたところ、3件の事件と一致したとのこと。

新聞によっては、犯人でない可能性はほぼゼロと書く記事もあります。

 

時効は成立している

前述したように2006年の4月に時効が成立していますが、その後も捜査を続けていたそうです。

ただ、時効は成立しているので、罪には問えないとのことです。

 

 

まとめ

私がこのニュースを見て最初に思ったことは、「科学の進歩ってすごい!」ということです。

 

このニュースの少し前に、イギリスの切り裂きジャックの犯人が特定されたというニュースを見ました。

 

どちらも最新のDNA鑑定で特定に至ったわけです。

 

まずDNAを保存していた過去の人たちの未来への期待もすごいです。

そしてそれを鑑定する技術を身に付けた現代の方々もすごいです。

 

それ以前にこんな事件なんて起こらなければいいのに、と思いますが……。