chiha log

韓国語をメインに、その他興味のあることを書いていこうと思います!

アジアブックマーケットで買った本

 

살이자의 기억법(殺人者の記憶法)

何やらベストセラーで面白いとのことだったので、買ってみました。

買った日に読み始めて、半分まで読みました。

 

そして積ん読中……。

 

和訳本も出てます。

殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学)

殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学)

 

 

映画もヒットしたようです。

 

殺人者の記憶法(字幕版)

殺人者の記憶法(字幕版)

 

 

私は原書を読み終わるまでどっちも見ないようにしていますが、いつになることやら。

 

読み終わったら感想を書こうと思います。

 

 

 

일본어 번역 스킬(日本語翻訳スキル)

韓国語学習者インスタで話題になっていました。

 

日本語を学ぶ韓国人向けの本なんですが、ニュアンスが分かりやすいという書評をみたので、ついつい買ってしまいました。

 

まだ読んでいません……。

 

 

나는 니름이 있었다(私は名前があった)

これは詩集です。

wit n cynical(ウィットエンシニカル)という詩を専門とした韓国の本屋さんの詩集です。
 
詩集なんて日本語の本すら買ったことない!
 
でもお店のお姉さんが優しかったことと、パラッと立ち読みした詩がとても韓国っぽくて良さそうだったので買ってみました。
 
もちろん、まだ読んでいません……。
 
 

TAXI

これも韓国から来ていた本屋さんで買いました。

 

この本、裏表紙のタクシーマニア度チェックがすごく面白いんです!

 

この裏表紙を見ながら店員さんと盛り上がり、とても楽しかったので「買います!」となりました。

 

 

読む順番を決める

ひとまずは読みかけの「殺人者の記憶法」を読まないと!

 

次は裏表紙がワクワクする「TAXI」でしょうか?

 

その頃にはきっと秋か冬を迎えているから、詩集の「私は名前があった」ですね。

 

「日本語翻訳スキル」は読み物ではなくテキストなので、やり直し韓国語の学習の過程で使おうと思います。

 

f:id:chi_haru:20190826175132j:plain