chiha log

韓国語をメインに、その他興味のあることを書いていこうと思います!

韓国語

2019年冬 ソウルまったり旅行2日目(後編)

聖水散歩を終え、次に向かうのはスーパー! どの国に行っても必ずスーパーには行きたいタイプです。 Eマートでお土産購入 訪韓初日にホテルの近くにスーパーがないかとネットで調べたり、ホテルのスタッフさんに聞いてみたりしましたが、行ってみると近所に…

2019年冬 ソウルまったり旅行2日目(前編)

2日目のソウルは前半・後半に分けたいと思います! まずは前半! 聖水(성수)方面散策 この日は聖水(성수)駅周辺をまったり散策することにしていました。 韓国語読みは「ソンス」です。 ソウルの森駅周辺 まずは最寄りの9号線「新論峴(신논현)駅」か…

2019年冬 ソウルまったり旅行1日目

この年末年始はソウルでまったり過ごしました! 実に2年半ぶりのソウル! 今回の飛行機 今回は最後までFSCとLCCで迷いました。 年末年始の繁忙期だからそんなに値段が変わらないんですよね。 同じ位の値段だったらFSCの方がサービスが充実してるからいいなと…

私がTOPIK6級に合格した勉強方法

今回は、私のTOPIKの勉強方法をご紹介しようかと思います。 単語学習の部分は新ブログに移行しました↓ chiharu3.com 作文対策の部分も新ブログに移行しました↓ chiharu3.com 聞き取り&読解対策の部分も新ブログに移行しました↓ chiharu3.com まとめの部分も…

私の韓国語学習法まとめ

私の今までの韓国語学習法をまとめてみました! 記事が増えるたびにここも更新していこうと思います! レベル別学習法 入門 www.chihalog.jp 初級 www.chihalog.jp 初中級 www.chihalog.jp 中級 www.chihalog.jp 中上級 www.chihalog.jp TOPIK学習法 www.chi…

私が中上級の頃にした韓国語学習法 

中上級まで勉強してきた私は、いよいよ勉強に行き詰まってきました。 行き詰まったなりに何とか学習を続けようともがいていたのでが、この中上級の時期です。 旅行に行く 覚えた韓国語を使いたいので、ソウル旅行に年2回くらい行っていました。 毎回5日間以…

私が中級の頃にした韓国語の勉強方法

この頃からあまりテキスト重視の勉強ではなくなってきました。 テキストなどで勉強する やっぱり基礎となるテキストは押さえておきたいところです。 「前田式」韓国語パワーアップドリルをやる 韓国語学習者の方ならきっとご存知でしょう。 받아쓰기、ディク…

私が初中級の頃にした韓国語の勉強方法 

さて、入門、初級の次は初中級の時の勉強方法です。 このあたりから韓国語が分かってくるので楽しいです! 「しっかり身につく韓国語トレーニングブック」を最後までやる これはなかなかにハードですが、最後までやりきったらかなり力になると思います! ハ…

私が手元に残した韓国語のテキストたち

韓国語の勉強をやり直すにあたって、持っているテキストを引っ張り出してきました。 せっかくテキストを持っているので、新たに買うのはもったいないですもんね。 自分用にまとめておきたいと思います。 文法のテキスト まずは基本的な文法のテキストですね…

私がK-POPで発音を練習した方法を再現してみた

先日アップした初級の頃のK-POPを使った発音練習法。 今回はそれを思い出してちょっとやってみました! 久々のノートだな。 chihalog.hatenablog.com 好きな曲を選ぶ まずは自分の好きな曲を選びます。 当時は東方神起の「Hug」などを選んでいましたが、今回…

私が初級の頃にした韓国語の勉強方法

前回、入門の頃の私の韓国語学習法をご紹介したので、今回は続きの初級の学習法をご紹介しようと思います。 www.chihalog.jp NHKハングル講座のテキストをノートにまとめる 3年目のNHKハングル講座 NHKのテレビハングル講座のテキストを捨てずに取っておいた…

私が入門の頃にした韓国語の勉強方法

NHKテレビでハングル講座を2年視聴 韓国語を始めよう!と思った私が最初に取りかかったのは、NHKテレビ講座でした。 当時は小倉紀蔵先生が講師をされていました。 ちなみにこの方です。 小倉紀蔵 - Wikipedia このときに初めて「韓国語」というのが言語の名…

私が韓国語学習をやり直そうと思った理由

昨今の日韓関係の影響 戦後最悪の日韓関係と言われていますね。 そもそも韓国が反日でなかった時ってあったっけ?と逆に思い直しました。 ニュースの日本語訳に疑問を持った 最近話題になった「盗人猛々しい問題」や、前々から言われている「天皇陛下の表記…

私がかつて韓国語を辞めた理由

note.com